FALLOUT?プロジェクトのバッチをつくりました


こんにちは。「放射線を浴びたX年後」監督の伊東英朗です。 FALLOUT?プロジェクトを立ち上げて数日が過ぎました。今日は、このプロジェクトについてお話させてください。


FALLOUT?プロジェクトとは

FALLOUTは、放射性降下物を指します。 「私たちの上に、何十年もの間、放射性降下物が降っていたことを知っていますか?」 「核兵器を作るために甚大な量の放射性物質がアメリカ大陸に降り続けました。少なくとも 1952年にはアメリカ大陸が放射能汚染することは分かっていました。 「あなた自身、家族、親戚、友人、みんなの健康と引き換えに核兵器を作ったことを納得できますか?」 そのことを核兵器保有国であるアメリカの人に伝えたいと願い、映画第3弾を製作し、アメリカでの上映活動を目指すことにしました。 もちろん、爆心地周辺で漁を続けたマグロ船の被害についても伝えていきます。 映画の製作のために、クラウドファンディングを行うことを決めました。 このプロジェクトを多くの人に知ってもらいたい。そんな思いから、これまで上映、取材などで関係のあった皆さんにメールで活動を定期的にお知らせしたいと思います。


FALLOUT?プロジェクトのバッチをつくりました

その間、プロジェクトのバッジやTシャツも出来上がりました。こういうのを見ると、なんだか、プロジェクトが始まったなあ、という実感が湧いてきます。 ちなみに、バッジはお金がないので自分でデザインしました。というか、文字を入れただけです。知り合いにお願いして100個つくりました。 Tシャツは、自分を鼓舞するためにユニクロで作った1枚のみ。オフィシャルのホームページも手づくりです。自分で柱を削り出してログハウス作ってるみたいで、気づいてみるとあっちこっちに隙間が空いてるという感じです。 焦らず、じわじわと完成させようと思っています。


バッジは、個人のFacebookで「もしつけてくれる人がいたら無償で送ります。」という呼びかけに「送ってください」という連絡をポツポツ頂き、今日には発送しようと思っています。 なんかわからんけど、つけてたらプロジェクトが広がるかもしれない、という安易な考えですが、とにかく小さなアクションだけど重ねていきたいと思っています。 このメルマガを読んで「バッジをつけてやろう」という奇特な方がいらっしゃいましたら、送りますので、 itohideaki0915@gmail.comに郵便番号と住所、名前を書いて送ってください。


本日9月11日(金)22:00からトークライブを配信!

本日(9月11日金曜日)、22:00からX年後のFacebookページで生トークライブを配信します。 22:00になりましたらX年後のFacebookページをご覧ください。 https://www.facebook.com/x311movie はじめてなので、テスト、ということで話します。途中で途切れたり、配信がうまくできなかったら申し訳ございません。 このプロセスにもお付き合いをいただけると幸いです。



クラウドファンディングに挑戦します


9月26日開始予定でクラウドファンディングに挑戦します。映画の製作とアメリカでの上映のためお力を貸してください。 プロジェクトサイト https://readyfor.jp/projects/FALLOUT ※クラウドファンディングのウェブサイトは公開日までまだアクセスできません。スタートしたら詳細について、このメールマガジンでもお知らせしていきます。


FOLLOW US


ソーシャルメディアで情報を発信しています。FALLOUT?のプロジェクトをたくさんの人に知ってもらうために、いいねやシェアで応援をいただけると幸いです。




正しく表示されない場合はこちら このメールは、映画「X年後」製作委員会からのメール配信をご希望された方に送信しております。 今後メールの受信をご希望されない方は、こちらから購読停止手続きが行えます

本メールは x@x311.info よりanc49871@nifty.com 宛に送信しております。 山越6-5-1-502, 松山市, 愛媛県 7918013, Japan 配信停止 | 登録情報更新 | このメールを転送する | 迷惑メールと報告する

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

1954 ー 1964 2011 ー2021

FALLOUT? 私たちの上に、何十年もの間、放射性降下物が降っていたことを知っていますか? 皆さん、こんにちは。今日は、昔で言うと敬老の日。で、僕にとっては、誕生日。 少し前までは、「敬老の日に誕生を祝ってもらう」なんて冗談言ってたら、本当になってしまいました。なんとなんと60歳です。 もうこうなると「生きてこられておめでとう」というめでたさです。 先日、60代後半の報道部OBを取材した時